ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

1月1日
本日 昨日
更新日 2013/9/14

 Newページ
 
   

ギャランGTO  
気になる車   


ブログへ          

兵庫県のコニファー生産者です

いい歳になったので  

ここまでを振り返り

生産者の目線でのコニファーの

魅力、疑問、問題点を

表せたらと思っています。





コニファーの魅力


濃緑、、青緑 黄、黄金、銀青、といったカラフルな葉色

そして立性、、枝垂れ、杯状、這性の異なる性質

成長が早いといったマイナス面もありますが

そういったことを熟知して使ってみると

ひとつの景観を作るうえで

非常に重要なアイテムになれると

確信しています。





コニファーガーデン

造園のプロではない私が造ったコニファーを

主にしたサンプルガーデンです

植えた当初は、コニファーは小さく

線が細かったのですが

今になると

結構存在感があります。
コニファーガーデンの写真









コニファーのクリスマスリース

東京のフラワースクール プリムローズ さまが

異なった色や形状のコニファー8種を使用された作品です。

普段見慣れた畑に植わっているコニファーが

このような見事なリースになるなんて

感激です。


http://blogs.yahoo.co.jp/primrose113












ブルーアイスを使ったクリスマスリース

銀青の葉色と樹氷を思わす繊細な枝姿は

まさにクリスマスのイメージにぴったり

ドライになっても変色も見られず

長く楽しめます。


















アドベントリース

送らせていただいたコニファー各種を使われて製作されたアドベントリース

東京のフラワースクール プリムローズ さまからのものです。 http://www.primrose-flower.org/

以下はブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/primrose113 から引用させていただきました。

28日はアドベント ー待降節の第一主日です。

4本のキャンドルの一本目を灯し、キリストの生誕の喜びを家族と分かち合います。

キャンドルは日曜ごとに灯され、4本目のキャンドルに灯が灯されたらクリスマスがやって来ます。

針葉樹はエバーグリーン、永遠を意味する植物です。

リースはその始まりも無く終わりも無いリング状の形からやはり永遠を意味するオーナメントとしてクリスマスの象徴となっています。








ブルーアイスの寄せ植え


巷でよく目にするゴールドクレストとは

一味違ったブルーアイスでの寄せ植えはいかがでしょうか

花の少ないこの時期でも、見ごたえ十分に

これから色んな花の登場するこれからの時期

アイデアとセンスで

すばらしい一品が出来るかも  









ブルーアイスの寄せ植え
ブルーアイスの寄せ植え






プンゲンス ホプシー

小スペースに植えた

プンゲンス ホプシー

底土は重粘土のため

レンガで大きな鉢に植えた感じ

土はほとんどポット用の土と同じ

今のところ、順調に育っていますね

周りのカラフルな樹たちも

ピッタリ絵になってますね。
ホプシーの写真



ブルーアイスの写真

露地で生産しているブルーアイス

結構なボリュームが出ていいのですが

ゴールドクレスト同様、風に弱いので

台風接近ともなればびくびくです

大きなものは風対策が必須です。


ポットで作るうえで水は最も必要しています

ただ、我が家は人里離れた山の中

夏場の水の確保が最重要ですね。
ブルーアイスの写真




私のひとり言

生産を始めた最初の頃は、造園用樹木、そして工事用樹木等を造っていましたね

ただ、近くにその頃ではまだ珍しいコニファーのナーセリーがあり

そこで目にする樹たちは

これまでに目にしたことの無い、形、色に富んだものばかりでした

そのあとゴールドクレストが出始めてきて、コニファーブームというか 

ガーデニングへと進んでいったのだったでしょうか 


そのブームも実際に使った造園業者からはコニファーは大きくなりすぎて

使いづらいといった声を受け早々と去っていったと思います

私も凝りだすとその頃流通していたコニファーの相当数は実際に植えたり

生産もやって見ましたが、指摘どおり成長のスピードが早い 

 形がくずれる  雪に弱い 梅雨時の蒸れに弱い

いろんな弱点が見えてきました。


その中でも、造っているうちに十分それらをクリアーできる種類もありました

ただ、それらが実際に造園材料として、園芸店の店頭に置いてもらって

販売してもらえるかは全く、別の話で


そういった過程を経て、今の生産へと続いていますす。

ただ今の形態が必ずしもベストとは思っていません

もっと、違った切り口があるのではと、日々思い悩む毎日です。



                             
              

 今頃の景色


ヒメイチゴノキ

カシワバアジサイ

ナツヅタ

ネーミングはイチゴの木って

いいとは思います 

でも実はヤマモモに

よく似ているのですが

味の方はいまひとつ

花のほうは、スズランの様な

可愛い花が咲きます。


花も結構長く楽しめて

ドライになっても

見られますね

おまけにこの時期には

紅葉までも

やっぱりお勧めですね。

我が家の蔵に

張り付いたナツヅタ

普段は気にも留めないけれど

さすがにこの時期

この色では

目立つ事しかり




フッターイメージ